中国会社設立、中国起業、中国法人設立、中国での企業、中国での法人口座、中国税制―【香港康栢会計士事務所】日系企業サポート(中国地区事務所)
    分かち

中国会社設立

中国が国土幅広くて、製造業が発達します。近年外資を吸引するため、金融、サービス、貿易などの業界を絶えずに開放し、大幅に外資投資の要求を下げます。現在には、外資は実際に登録資本の納付及び銀行信用証明書の提供がしなくてもかまいません。監査管理部門で登録届出を提出するだけで簡単に登録できます。

奨励類投資産業

中国奨励類外資系投資産業は主に製造業、卸売と小売業、賃貸と商業サービス、科学研究と技術サービス、農林牧漁業、水利環境と公共施設管理、障害者と老若サービス機構、特定の文化体育と娯楽業などが含まれます。

工商年次報告

外資系会社は設立の翌年から、年に一回工商年次報告を行うべきです。期限は毎年の1月1日から6月30日までです。

聯合年次報告

外資系企業は設立の翌年から、年に一回聨合年次報告をする必要があります。年次報告期間は毎年1月1日から6月30日です(具体的な時間帯は毎年商務部の公示情報を基準にします)。

直接投資ストック権益登録

外資系企業は設立後の翌年から、毎年に一回直接投資ストック権益登録をしなければなりません。登録時間は毎年の1月1日から9月30日までです。

労働契約

中国で社員を雇用するに当たって労働契約の締結は必須です。双方の権利と義務は契約書に明記しております。企業は社員の入社日より一ヶ月以内社員と労働契約を締結しないといけません。労働契約は期間限定労働契約、無期間限定労働契約と一定の仕事任務を完成することを期間にする契約に分けられます。

社記保険と住宅積立金

社会福祉を保障するため、中国で設立した企業は月ごとに社員に一定的の社会保険と住宅積立金を納付しなければなりません。社会保険と住宅積立金は一般的に社員の月の給料のパーセントとして計算し、企業と社員が共同に負担します。都市の間に生活水平の差があるため、異なる都市の計算上比例も違っています。以下には部分的の都市社会保険と住宅積立金の計算上比例:

企業従業員社会保険の計算比率
都市 項目 企業負担比率 個人負担比率
北京 社会保険 30.8%-32.5% 10.2%+3元
住宅積立金 5%-12% 5%-12%
上海 社会保険 31.2%-32.9% 10.5%
住宅積立金 7% 7%
広州 社会保険 23.29%-24.81% 10.2%
住宅積立金 5%-12% 5%-12%
シンセン 社会保険 15.09%-22.84% 8.6%-10.5%
住宅積立金 5%-12% 5%-12%
東莞 社会保険 15.96%-17.66% 8.7%
住宅積立金 5%-12% 5%-12%
杭州 社会保険 27.5%-28.2% 10%+4元-10.5%+4元
住宅積立金 12% 12%
南京 社会保険 29.5%-31.2% 10.5%+10元
住宅積立金 8%-12% 8%-12%
青島 社会保険 28.9%-30.32% 10% -10.3%
住宅積立金 5%-12% 5%-12%
蘇州 社会保険 29.2%-30.9% 10.5%+5元
住宅積立金 8%-12% 8%-12%
付注:上記都会の社会保険納付基数は該都会前年度の平均月給となります。下限は平均給与の60%となり、上限は300%となります。

サービス概要

業務についてのお問い合わせは、当社の日本語サービス課までご連絡ください。

以上の内容に対するお問い合わせは、下記のフォームにご記入ください。*入力必須項目

男性の方     女性の方    
認証コード  
  
姜婷 (ビジネス )
+86 755 8828 8793

今すぐ

諮問
電話
メール
Loadding... loading
Loadding... loading