分かち

中国税制についてのQ&A

中国税制についてのQ&A (11)

中国会社の税務登記についてのQ&A

問い:
税務登録の時間についてはどうやって規定されていますか?
答え:
2015年7月から、中国では多証合一を推進してきました。工商部門に登録されている企業、農民専業協力社、個人商工業者等は、工商行政管理部門から承認された法人とその他の組織統一信用コードの営業許可証を受け取ることができ、わざわざ税務局に税務登録をする必要がありません。会社の営業許可証の発効日から納税の義務も同時に生じます。
問い:
どうやって休業税務登録をやりますか?
答え:
定期に定額で徴税する納税者は、主管されている税務部門に休業申請表を提出し、申請を承認された後に休業通知書を受け取ることができます。他の納税者は休業登録する必要がない、ゼロ申告をやるだけでいいです。
問い:
どうやって復業税務登録をやりますか?
答え:
主管されている税務部門に申請表あるいは国税のホームページでは申請表を提出し、休業承認書を差し戻し、審査承認した後に復業ができます。
問い:
企業は支店を設立する時には税務登録をする必要がありますか。一般領収書が申請できますか。一般納税者を申請できますか?
答え:
税務登録をする必要があります。支店は営業許可書を申請する同時に納税者申告心得も受け取り、納税義務が生じます。また、支店は領収書が申請でき、一般納税者も申請できます。ただ、総部と支店が同一都市にいる場合、国税局では増値税まとめ認定をした後に領収書の受け取り及び一般納税者の申請ができません。

税務領収書についてのQ&A

問い:
どうやって素早くに領収書の真偽を見分けしますか?
答え:
国税局或いは地方税務局のホームページを通して検査でき、またWechatの「私の財布―都市サービス」を通して検査できます。
問い:
無償に荷物を送るのは専用領収書を発行できますか?
答え:
できます。もし受贈人は増値税の一般納税者の場合、受贈人の要求によって増値税専用領収書を発行できます。
問い:
会社は小規模納税者の場合、増値税専用領収書を発行できますか?
答え:
小規模納税者は主管されている税務部門に増値税専用領収書の代理発行を申請できます(宿泊業界の小規模納税者は自ら専用領収書を発行できます)。

増値税についてのQ&A

問い:
税務局に小規模納税者が代理発行の増値税専用領収書を受け取って、増値税仕入税額の相殺ができますか?
答え:
できます。代理発行の専用領収書の税率は普通には3%で、一般納税者はこの専用領収書で相殺の証憑として使えます。
問い:
当会社は小売会社で、年間の売り上げ高は約210万元です。一般納税者の資格を申請しなくてもいいですか?
答え:
できません。商業企業の年間の売り上げ高は人民元80万に達す場合、税務局に一般納税者を申請するべきです。もし即時に申請しなくても、税務局も企業を一般納税者と見られます。
問い:
普通の領収書は仕入税額の相殺で使えますか?
答え:
使えません。税法に認められたの増値税専用領収書、海関輸入納金書或いは源泉 徴収の増値税を手に入れただけ、増値税仕入税額が控除できます。ただ一般領収書の金額を購入コストに入れることができます。
問い:
小規模納税者の輸出貨物は税金還付ができますか?
答え:
現行の輸出貨物税金還付(減免)政策によると、小規模納税者が自営或いは委託輸出の貨物は、増値税、消費税の徴収が全て免除しますが、税金の還付をしません。
問い:
どうやって一般納税者増値税専用領収書の資格を申請しますか?
答え:
増値税一般納税者資格は登録制度を実行します。納税者は主管されている税務部門に「増値税一般納税者資格登録表」を提出し、税務登録証明書を提供しなければなりません。 売り上げ高は以下の標準に達す企業は税務局は自動的に一般納税者と見られます:
  • 工業会社の年度課税売上げ高は人民元50万に達す
  • 商業会社の年度課税売上げ高は人民元80万に達す
  • サービス会社の年度課税売上げ高は人民元500万に達す

輸出税金還付についてのQ&A

問い:
現在の輸出貨物の増値税還付の税率はいくらですか?
答え:
貨物によって、税金還付率も異なっています。現在の税金還付率は17%、13%、11%、8%、6%、5%、0%の七つ種類があります。
問い:
輸入出の経営権利をもらった後、何時輸出税金還付(減免)の手続きをすればいいですか?
答え:
輸出会社は対外貿易経営者の届出登録或いは初めての委託輸出契約を結んだ日から30日以内に主管されている税務部門に税金還付(減免)の手続きをするべきです。
問い:
新しく設立したの生産型会社に対して、輸出貨物の税金「減免、免除、還付」には何か規定がありますか?
答え:
新しく設立したの生産型会社に対して、初回の輸出業務日から12カ月以内に発生した税金還付額は、月ごとに還付しません。次回の国内販売貨物の納税額の免除として使えます。12ヶ月後、もし当該会社は小型輸出会社に所属する場合、小型輸出会社の規定によって実行します;もし当該会社は小型輸出会社に所属しない場合、月ごとに税金「減免、免除、還付」を計算します。ただ、以下の二種類の状況は例外とします:
  • 登録して1年以上の新しく増加した輸出業務の会社(小型会社が除外する)、市税務 の審査を通して、確かに生産能力があり、違法行為が存在しないことを確かめた以上、月ごとに税金「減免、免除、還付」を計算できます。
  • 新しく設立したの生産型会社は国内外の販売総和は500万人民元を超えた上、国外販売の比例は50%を超える場合、省税務局に月ごとに税金「減免、免除、還付」を申請できます。
問い:
どうやって税金の「減免、免除、還付」をしますか。小型輸出会社の標準はどうなっていますか?
答え:
税金還付の審査期は12ヶ月の小型輸出会社が年度中間に発生した還付税金額は、月ごとに税金還付しません。次回の国内販売貨物の納税額の免除として使えます。年末までにまだ免除されていない部分は一回で税金還付をします。国家の税務局規定によると、小型輸出会社の標準は各省の国家税務局は会社の昨納税年度の内外売上げ高によって決められ、売上げ高は200-500万人民元の間に所属します。例えば:広東省小型輸出会社の標準は内外売上げ高の総和は300万人民元以下です。
問い:
小規模納税者の自営或いは委託輸出の貨物は輸出税金還付を申請できますか?
答え:
小規模納税者の自営或いは委託輸出の貨物は免税政策を実行し続きます。仕入税額は免除或いは税金還付の政策を適用しません。輸出会社は小規模納税者の貨物を購入し、輸出税金還付の還付率は3%を超える場合、3%で税金を還付します。還付率は3%に未満の場合、実際の還付率で還付します。

消費税についてのQ&

問い:
消費税はどの環節で徴収しますか?
答え:
消費税は単一環節で徴収します。一般的には消費品の生産、委託加工と輸入環節で徴収し、ただし金銀アクセサリー、ダイヤモンド及びダイヤモンドのアクセサリーの場合、小売の環節で徴収します。
問い:
どの商品は消費税の納付が必要ですか?
答え:
以下の商品は消費税の納付が必要とされます:
  • タバコ
  • お酒及びアルコール
  • 高級化粧品
  • ゴルフボール及び球具、高級腕時計、ヨット、木製使い捨て箸、フロア床
  • 貴重アクセサリー及びジェーリー
  • 爆竹及び花火
  • 製品油
  • バイク
  • 乗用車
  • 鉛蓄電池
  • 塗料

外商投資企業所得税についてのQ&A

問い:
会社所得税の年度申告時に提出する会社諸表は公認税務士の審査を受けなければなりませんか?
答え:
会社は納税年度の中に利益や赤字にも関わらず、税法に規定されている期間内に主管されている税務部門に所得税申告表と会計諸表を提出しなければなりません。当会計諸表は公認税務士の監査を受けるかどうかは当地の税務局に決められます。
問い:
小型薄利会社は何ですか。小型薄利会社は何か優遇がありますか?
答え:
以下の条件に相応しい企業は小型薄利会社と見られます:
  • 国家に制限されていない、禁止されていない業界を従事している
  • 工業会社:年度に納付すべき所得税額は人民元30万を超えず、従業人数は100人に超えず、資産総額は3,000万元を超えません。
  • その他の会社:年度に納付すべき所得税額は人民元30万を超えず、従業人数は80人に超えず、資産総額は1,000万元を超えません。
2015年10月1日から2017年12月31日まで、年度に納付すべき所得税額は人民元20万元と30万元(含め)の間の小型薄利会社は所得を50%をマイナスし、納付すべき所得税額に入れ、計算します。20%の税率で会社所得税を納付します。
問い:
財務諸表の申告は期限がありますか?
答え:
あります。四半期の申告期限は四半期が終った後の15日以内、年度申告期限は毎年年末後の5ヶ月以内です。
問い:
海外企業が中国国内企業のコンサルタント費用を受け取る時、所得税の納付を必要ですか?
答え:
必要です。もし海外企業は中国国内に機構を設立していないが、源は中国国内からの収入は税務局に査定されていた利益率が25%で会社所得税を納付します。
問い:
外資企業に発生したの年度赤字は今後の利益の中で控除できますか?
答え:
外資系企業に発生したの年度赤字は以下の二種類の状況に分けます:
  • 一軒だけの会社の計損を補う
    次の納税年度の利益を年度続きで控除し、ただし最長には5年間超えません。四半期の企業所得税を予納する時、まずは会社の以前の年度に発生したの損失を控除しなければなりません。まだ利益がある場合、四半期の会社所得税を納付します。
  • 多数の会社の計損を補う
    会社は合併で所得税を申告するとき、関連する会社は異なる税率に適用する場合、各自の税率で税金を計算するべきです。ある会社は赤字になっている場合、まずは同じ税率の会社の利益で控除するべきです;もしなかった場合、赤字になっている会社と税率が近くの会社の利益で控除できます。
問い:
会社所得税の確定申告について何か規定がありますか?
答え:
企業は年度が終った後の5ヶ月以内、主管されている税務部門会社所得税年度レポートを申告するべきです。また、全年度の実際に納付すべき税金納付額の中で既に予納の所得税額を控除し、自分で追い払う税額を審査し納付するべきです。主管の税務部門は年度が終った後の5ヶ月以内、企業の会社所得税年度レポートの関連資料について一般性監査を行って、企業年度所得税の年末調整をします。
問い:
出張する職員の出張手当は個人所得税の納付を必要ですか?
答え:
出張手当、食いはぐれ補助は賃金性質の手当てに所属していないので、個人所得税を徴収しません。ただし、企業は出張手当の名義でその他の手当てを配る場合、賃金給与所得に計算され、個人所得税を徴収すべきです。
問い:
会社は職員のために人身意外保険を支払う場合、税引き控除ができますか?
答え:
中国国内の法定保険だけは税引き控除ができます。
問い:
外資企業の本部は中国国内の子会社に管理費用を受け取ることができますか?
答え:
できます、ただし総収入の2%を超えることができません。また、毎年の10月末前に主管税務部門に申請を提出しなければなりません。
問い:
外資企業は「地方教育費用付加」の納付が必要ですか?
答え:
必要です。

外国企業駐在員事務所についてのQ&A

問い:
深センに代表部を設立するときにどうやって所得税を計算しますか?
答え:
所得税の計算方法:
  • 収入額=今期の経費支出額/(1-査定利潤率23%)
  • 納付すべき企業所得税額=収入額×査定利潤率23%×企業所得税率25%
問い:
収入を計算する経費支出はどんな費用を含めていますか?
答え:
中国国内に支払った従業員の賃金、ボーナス、手当て、福利費用、物品調達費(自動車、オフィス設備などの固定資産を含め)、通信費用、出張費用、家賃、設備リース費用、交通費用、交際費用、その他の運営費用。
問い:
利子収入は経費支出額の控除ができますか?
答え:
利子収入は経費支出の相殺ができなく、実際に発生した経費を収入に換算し納税すべきです。
問い:
代表部の固定資産は減価償却に計算できます?
答え:
固定資産を購入するときに発生した支出及び代表機構の設立或いは移転などの原因で発生した内装費用支出は、発生する時に一回で経費支出額を収入に換算され、計税するべきです。
問い:
代表機構のどんな費用は経費支出に入れることができませんか?
答え:
以下の費用は経費支出に入れることができません:
  • 本部は訪問を招き、常駐代表部に立て替ええた関係者の飛行機切手費用
  • 本部組織の代表チームは中国に訪問して、常駐代表部に立て替ええたの代表チームの在華宿泊食糧費用、交通費用及び交際費用など
  • 総組織が在華に挙げられた大型展覧会、常駐代表機構に立て替ええたの関連費用
  • 代表部の各項目の税収の滞納金及び罰金
  • 代表部は現金で支払ったの中国国内の公益、救済性質の寄付金
問い:
本部が所有されている不動産をオフィスアドレスとして無償に使用され、経費支出で収入に計算され、納税する必要がありますか?
答え:
代表部は本部が所有されている不動産をオフィスアドレスとして無償に使用される場合、独立企業の間の業務取引でリースを計算され、企業所得税を納付する必要があります。

不動産税についてのQ&A

問い:
都市不動産の税金はどうやって計算しますか?
答え:
納税者の不動産は自分用やレンタル用に関わらず、不動産の原価値あるいは家賃を計税根拠とされ、都市不動産の税金を計算されます。
問い:
都市不動産の税金税率はいくらですか?
答え:
都市不動産の税金計算方法はいくらもあります、詳しくは不動産税を御覧になってください。

土地増値税についてのQ&A

問い:
深センの中古不動産の取引はどんな税費を納付すべきですか?
答え:
納付すべき税費は以下に含めています:
  • 増値税:売上げ高の5%或いは11%(個人で購入し2年以上に居住した普通の住宅は、販売する時は徴収しません;2年に未満する場合、増値税は販売総額で徴収します;非普通住宅は差額で計算されます)
  • 付加税:増値税の12%
  • 印紙税:販売価額の0.05%
  • 所得税:個人は20%で、企業は25%です(所得税=販売価額-コスト-増値税-都市建設税-印紙税-土地増値税)
  • 契約税:販売価額の1.5%或いは3%
  • 土地増値税:税率は30%-60%の間にいます(2008年11月1日から、個人が住宅を販売する時土地増値税の徴収が免除します)

個人所得税についてのQ&A

問い:
内地にサービスを提供するの香港居民はどうやって個人所得税を計算しますか?
答え:
内地だけに職務を実行するの香港居民は香港に戻って、サービスを一切提供しない場合、従業員は雇用されている仕事所得で課税するべきです。内地機構や国外の雇用者(香港雇用者も含め)どっちが支払うか負担するかにも関わらず、国内にサービスを提供するの所得で課税し、個人所得税を納付するべきです。
問い:
香港居民は香港の雇用主に内地に仕事をすることを派遣され、183日に未満する場合、どうやって個人所得税を計算しますか?
答え:
内地では連続で滞在する時間、または総計で滞在する時間は183日に未満する場合、従業員がもらった給料は内地会社に支払うまたは負担する部分だけに個人所得税を納付します;国外の雇用主(香港雇用主も含め)が支払った部分は納税する必要がありません。内地では連続で滞在する時間、または総計で滞在する時間は183日を超える場合、従業員がもらった給料は内地会社や国外の雇用者(香港雇用者も含め)どっちが支払うか負担するかにも関わらず、内地に滞在するの時間数で個人所得税を計算しなければなりません。
問い:
外国人は中国国内でもらったの役員給与は個人所得税を納付する必要がありますか?
答え:
必要です。役員給与の20%で納付します。
問い:
外国人は中国国内でもらった給与はどこで納税しますか?
答え:
雇用されている企業が個人所得税の申告と納付を代理します。
問い:
中国国内での仕事時間数は祝日を含めますか?
答え:
外国人は中国国内に雇用され、仕事時間数は国内に享受する祝日にも含めます。

今すぐ

Loadding...loading