海外会社設立、オフショアカンパニー設立、シンガポール会社設立、免税会社、海外法人口座、海外会社の税制—【香港康栢会計士事務所】日系企業サポート
    分かち

シンガポール会社設立

シンガポールは地理的な優位性により、アジアにおける重要な金融・サービス・船便の中心地の一つとなった。そのなか経済モデルは「国家資本主義」と呼ばれる。2018年の世界金融センターデータ(gfci)ランキングによると、シンガポールはロンドン、ニューヨーク、香港に次ぐ4番目の国際金融センターだ。gawcは世界の一線都市と評価した。シンガポールは東南アジア諸国連合(asean)加盟国の成員国です、世界貿易機関(wto)、英連邦(The Commonwealth)、及びアジア太平洋経済協力会議(apec)のメンバー国だ。緑化と環境衛生面が非常によいですから、ガーデンシティと呼ばれている

シンガポール会社は2種類に分けられ、一般的な形態と特殊な形態があります、その中一般的な形態の会社は次のようなタイプがあります:

  • 個人株式有限会社
    株主の人数が最高50名。
  • 上場会社
    株主の人数は50名以上、許可を得れば大衆に株式と債券を発行して融資できます。特殊な形態の会社は独資経営、共同事業、有限責任パートナーシップ、リミテッドパートナーシップ。

シンガポール会社設立のメリット

  • 優れる地域と物流センター
  • 会社の評価がよい
  • 優遇な税務政策
  • 自由と完善的な金融体系
  • 敏感技術の貿易障壁を下げる、国際資源投資チャンスを獲得しやす
  • 貿易金融、上場金融の架け橋
  • 拓展国际品牌和知识产权保护的平台
  • 获移民定居的可能

シンガポール会社設立条件

  • 資本金少なくても1シンガポールドル
  • 株主は最低1名必要、国籍不問、個人と法人どちらでもよい; 役員は最少1名必要です。1名の役員は必ずシンガポール公民、またはシンガポール の永久住民またはシンガポール雇用通行証を持っている方。(弊社は提供できます)
  • シンガポール本地のビジネス登記住所(弊社は提供できます)
  • 経営範囲を指定する、最多2種類選択可能。

シンガポール法人設立必要な資料

  • 会社定款;
  • 法律を守る宣誓書;
  • 身分証明書;
  • 取締役委任状と資格宣誓書;
  • 会社登記住所及び事務時間報告表。
  • 会社設立1ヶ月後、取締役経理、会社秘書と監査師詳細表を提出する必要です。

必要資料及び時間

  • 会社の英語社名はPTE.LTDで終わります、私人有限会社です
  • 役員、会社設立する人の身分証明書もしくはパスポート原本、或いはCPA資格を持つ会計士、弁護士、公証人が認証した書類
  • 役員近3月内の住所証明(例:銀行ステートメント、電気代やガス代、固定電話の請求書等)原本、或いはCPA資格を持つ会計士、弁護士、公証人が認証した書類
  • 新法人設立は約2営業日が必要です(資料頂いてから審査通過後)

当社の業務についてのお問い合わせは、日本顧客服務部までご連絡ください

以上の内容に対するお問い合わせは、下記のフォームにご記入ください。*入力必須項目

男性の方     女性の方    
  
姜婷 (ビジネス )
+86 755 8828 8793
康栢サービスパンフレット
康栢サービスパンフレット

詳細を閲覧

今すぐ

諮問
電話
メール
Loadding... loading
Loadding... loading
お問合せフォーム