よくある質問
    分かち

香港会社年次審査に関するQ&A

問い:
香港会社年次審査とは
答え:
香港会社年次審査の内容は主に商業登記証の更新と新たの周年申告表を政府に提出することです。香港において、商業登記証の有効期間は一年間だけです。なので、会社設立してから周年後に新しい商業登記証を切り替えらければなりません。また香港会社登録所は香港会社に最新一年間の周年申告書類を提出することを求めています、会社株主の人数、名前、株数の比例、運営状況など会社の一年間の状況を説明しなければなりません。
問い:
香港会社年次審査の処理に関して
答え:
CONPAK会計士事務所は香港会社などの海外オフショアカンパニーの年次審査のサービスを提供しております。既存のお客様に対して、年次審査に関する授権書と周年申告書類に署名するだけで、手続きが完了します。新しお客様に対して、新しい会社登録証書、商業登記証、NC1などの書類の複写件が必要です。詳しいことは弊社のコンサルタントまでお問い合わせお願い致します。
問い:
香港会社年次審査の期間
答え:
 香港政府は香港会社に設立してから周年ごとに、商業登記証の更新と周年申告表を政府に提出することを要求しています。もし延期したら、罰金されます。また会社信用や名誉に毀損されます。
問い:
年次審査が延期された結果
答え:
  • 罰金が発生  商業登記証の更新が延期されると政府に支払うべき手数料を全て支払うことに加えて、毎年300ドルの香港ドルの罰金を追加されます。また周年申告表の提出が延期されると、政府の費用或いは罰金は、次のように増加します
    提出日付 缴费金额(HK$)
    周年日から计42日以内 105
    周年日から计42日以上3ヶ月以内 870
    周年日から计3ヶ月以上6ヶ月以内 1,740
    周年日から计6ヶ月以上9ヶ月以内 2,610
    周年日から计9ヶ月以上 3,480
  • 会社役員と取締役は起訴される可能性があります。もし職務怠慢犯罪と判定されたら、罰金が科されます。最高HKD50,000の罰金が科されます。
問い:
会社年次審査は香港政府に支払うべき手数料
答え:
商業登記証の政府費用はHKD2,250,周年申告表の政府費用はHKD105です。

今すぐ

Loadding...loading