知的財産権の保護偽造打撃 - 【香港康栢会計士事務所】日系企業サポート
    分かち

知的財産権の保護偽造打撃

知的財産侵権問題は長期的に各界を困惑してきました。たが、近年快速的に発展する電子ビジネスプラットフォームは更に偽物の集会といます。法律を通し権限を保護、偽造打撃するのは企業が自社マケットの保護、ブランド発展促進の重要な経路です。康栢は中国知的財産権制度及び法律体系を熟知しています。中国内陸、香港及び海外企業の権益の保護を協力します。

侵権類別

  • 商標侵害
  • 特許侵害
  • 著作権侵害
  • 企業秘密侵害
  • サイバースクワッティング

権限保護経路

  • 交渉と和解
    権利人は権限侵害を発覚後、侵害者と交渉和解し、侵害行為を停止或いは民事弁償を要求。交渉和解は速やかにトラブルを解決する方法です。
  • 行政査証
    権利人が商標、特許、著作権の侵害行為を発覚後、関連政府部門に起訴します。該当部門が法律を基に調査処罰します。行政査証は立案簡単、低コスト等のメリットがあります。しかし、司法裁判権は持っておりません。
  • 司法保護
    権利人は侵害行為を発覚後、所属裁判所に民事訴訟を起こし、弁償を要求します。司法裁判の手続きは複雑ですので企業秘密、独自技術など複雑な知的財産権問題に適切です。

権益保護特点

  • 知的財産権偽造打撃は高度の専門性、複雑性が特徴です。権利保護は法律問題に関わる可能性があります。通常専門機構に依頼する必要があります。
  • 権益保護は経路によってそれぞれ長所短所があります。権利人は同時に使用することで最適な権益効果を得ることができます。
  • 長期的な知的財産保護のシステムを作るには「防止」、「処置」の組み合わせが必要です。事後権益保護以外、企業は知的財産を事前保護し(例えば:商標登録、特許申請、著作権登録など)、企業秘密保護制度を構築する必要があります。

権益保護プロセス

  • 権益保護プロセス
  • 予備調査
  • 訴訟、起訴書類作成
  • 鑑定協力/法廷論争
  • 行政査証/法廷審査
  • 訴訟/起訴
  • 行政処罰/裁決

私達のサービスは:

  • 知的財産権保護制度構築
  • 知的財産権権益保護偽造打撃コンサルタント
  • マケティング調査及び証拠収集
  • 侵害の訴訟、起訴或いは和解の交渉
  • 法律業務代行

業務についてのお問い合わせは、当社の日本語サービス課までご連絡ください。

以上の内容に対するお問い合わせは、下記のフォームにご記入ください。*入力必須項目

男性の方     女性の方    
認証コード  
  
姜婷 (ビジネス )
+86 755 8828 8793
知的な財産権サービス
知的な財産権サービス

詳細を閲覧

今すぐ

諮問
電話
メール
Loadding... loading
Loadding... loading