日本中小企業海外知的財産権支援政策 -【香港康栢会計士事務所】日系企業サポート
    分かち

日本中小企業海外知的財産権支援政策

世界経済のグローバル化に進むにしたがって、日本の中小企業も海外市場の開発を始めました。目的地では商標及び特許登録を申し込むすることは業務の開発や商品権利被害を防ぐことに対してとても重要です。ただし、高額の知的財産特許の登録費用は中小企業にとっては重い負担となっています。企業の維権活動に支援するために、日本特許庁は日本貿易振興機構を通して、中小企業の海外特許申請費用及び商標登録費用を一部的に補助する政策を実行しています。

支援対象

中小企業または成員の2/3が中小企業に構成されたグループ団体

支援項目

  • 日本国内外の商標登録または特許申請の政府費用
  • 日本国内外の商標登録または特許申請の代理費用
  • 日本国内外の商標登録または特許申請の翻訳費用

支援金額上限

一つの企業に当たり最大300万円、その中には発明特許は最大150万円をもらえ、商標登録は最大30-60万円がもらえます。

申請の流れ

  • 日本で商標または特許を申請
  • 資金支援の出願
  • 政府機関の審査
  • 審査に合格
  • 海外での商標または特許を申請
  • 申請資料の翻訳
    支援金をもらう
  • 海外の商標または特許申請を通過
  • 支援金をもらう

詳しい情報は日本特許庁のホームページをご覧になってください。または地方政府中小企業支援セーターに連絡してください。

業務についてのお問い合わせは、当社の日本語サービス課までご連絡ください。

以上の内容に対するお問い合わせは、下記のフォームにご記入ください。*入力必須項目

男性の方     女性の方    
認証コード  
  
姜婷 (ビジネス )
+86 755 8828 8793
康栢サービスパンフレット
康栢サービスパンフレット

詳細を閲覧

今すぐ

諮問
電話
メール
Loadding... loading
Loadding... loading