外資系企業連合年度検査_CONPAK会計士事務所は外資系企業連合年度検査のサービスを提供しております
    分かち

中国外資系企業連合年度検査

中国のビジネス投資環境が改善されるに従って、中国において外資系企業を設立することを選択する企業がますます増加してきました。外資系企業の合法な利益を継続的に確保するために、中国工商行政管理局などの政府関連部門は毎年外資系企業に対して、連合年度検査を行なっています。

CONPAKは中国のビジネス環境について深く理解しており、外資系企業に連合年度検査のサービスを提供すると同時に、企業の営業状況について専門な提言ができます。また企業の次年度の経営方針に関して適切なアドバイスを致します。

連合年度検査の流れ

年度検査の必要な書類を提出→会計士事務所による監査報告書を提出→連合年度検査の手続き→関連機関に検査印を貼り付けてもらう→関連資料が返却

連合年度検査の期間

会社設立後次年度から連合年度検査が行われます。毎年一度です。毎年3月1日~6月30日の間です。

連合年度検査に関連する政府部門

  • 外経貿局
  • 工商局
  • 財政局
  • 国税局
  • 地税局
  • 統計局
  • 外為管理局

連合年度検査延滞について

年度検査が延滞した企業は、関連する政府部門に、法律および規制に従って処罰されます。深刻なケースは、会社設立登録が強制的に取り消されます。

外資系会社連合年度検査に関する詳しい情報について、弊社の専門コンサルタントにお問い合わせください。無料で相談サービスを提供しております

以上の内容に対するお問い合わせは、下記のフォームにご記入ください。*入力必須項目

男性の方     女性の方    
認証コード  
  
姜婷 (ビジネス )
+86 755 8828 8793

今すぐ

諮問
電話
メール
Loadding... loading
Loadding... loading