よくある質問
    分かち

香港投資移民についてのQ&A

問い:
申請にどのぐらいの時間がかかりますか?
答え:
第三国居留権書類の手続きは大体2週間ほどかかります。「原則的な許可」を得てからすぐに香港での投資ができる場合、通常8-10ヶ月以内に正式な許可を得られます。提出した資料が不足している場合、手続きの時間が延びる場合もございます。
問い:
個人純資産とは?
答え:
個人純資産は個人全資産から個人全債務を引いた額です。資産は動産及び不動産を含みます。例えば預金、株、債券、不動産等。それから申請人が所有する会社純資産も含みます。
問い:
香港住民の納税は全世界向けですか?
答え:
いいえ、香港での所得収入のみ香港で税金を納付します。
問い:
私の物件は1,300万香港ドルです。ただ、500万はローンです。私の場合、申請資格を満たしていますか?
答え:
満たしておりません。投資金額が1,000万未満だからです。
問い:
私は家内と共同に1,000万香港ドル相当の物件を所有しております。私の場合、申請可能ですか?
答え:
申請不可です。このような場合、1,000万香港ドルのうち、50%のみ資産として認められます。奥様が「物件は100%主人が所有している」という声明を発表する場合、申請可能です。
問い:
私は家内と子ともと一緒に投資移民して香港で定住する予定です。本人が連れの子ともに対し人数制限はありますか?
答え:
お子様の人数制限はありません。ただ、18歳以下のお子様であることです。
問い:
私の娘は来月に18歳になります。申請可能ですか?
答え:
遅くてもお嬢様の誕生日前に入管に申請しなければなりません。そうでない場合、お嬢様は一緒に申請できません。別に投資移民として申請しなければいけません。
問い:
私の不動産評価報告書ができてから、どのぐらいの期間内に資本投資移民計画の申請をしなければいけませんか?
答え:
不動産評価報告書ができてから2ヶ月以内に移民局に提出しなければいけません。遅れた場合、再度資産評価を要求される可能性があります。
問い:
香港投資移民の手続きをした場合、元国籍のパスポートは取り消されますか?
答え:
香港永住住民になる前の7年以内、元国籍のパスポートは取り消されません。国籍も保留の状態です。7年後、正式に香港永住住民になった時に元国籍のパスポートと香港パスポートのうち、どちらかを選らばないといけません。
問い:
香港住民身分証を取得した場合、税金優遇政策を受けられますか?
答え:
はい、即時に受けられます。
問い:
入国許可証取得2年後、結婚、出産の場合、家内と子ともは被扶養人にすることはできますか?
答え:
はい、申請人は入国許可証を取得してから任意の時間に奥様とお子様を被扶養人に加入することができます。
問い:
入国許可証を取得2年後、延期する場合、所要の資料は一回目と同じですか。それとも一回目に比べて少し簡単ですか?
答え:
わりと簡単です。延期申請表及び2年以内の投資状況の資料を提出すれば結構です。
問い:
香港永住住民になる前の7年以内、香港の全ての福祉を受けられますか?
答え:
受けられません。7年いっぱいは必須条件です。しかし、医療、教育、税務の福祉は受けられます。
問い:
外資投資者向けの移民プラン所得の収益に対し、納税の義務はありますか?
答え:
ありません。投資資産による利息収益、現金配当の収入に対し自由に引き出しできます。任意の申告、納税は不要です。
問い:
7年以内、私はいつでも投資組合を変更することはできますか?
答え:
はい、できます。所持の金融資産を調達できます。ただし、必ず指定期間内に既存の資産を売却しなければいけません。収益の全額を再度投資し、変換後の投資プロジェクトは移民局に承認されなければいけません。それに毎回変換の記録は残して今後延期審査時に使われます。
問い:
7年以内、株が値下げした場合どうなりますか?
答え:
7年以内、株値下げの場合、差額を補足しなくても結構です。返って値上げの場合は超えた部分を引き出すことはできません。
問い:
7年後、投資の1,000万は規制撤回できますか?
答え:
はい、永住住民になってから、関連投資は規制撤回できます。関連投資は自由に処理できます。
問い:
家内と子ともが香港で居住7年後、香港パスポートを申請する場合、私の国籍身分には影響ありますか?
答え:
いいえ、申請は個別に分けております。奥様とお子様が香港のパスポートを申請してもご主人の国籍身分には影響ありません。

今すぐ

Loadding...loading