香港会社法の重大変革!
香港会社法の重大変革

香港金融犯罪、テロリストの法律違反資金募集等をコントロールする為に、香港立法会より《2018年会社(修正)条例》を通過して、香港に設立された法人に「重要な支配者登記簿」を作成する必要です、会社の実際受益者の資料を備えて、関係部門から調査を要求された時提出する、重要な支配者の登記について、以下の通りご説明させていただきます:

重要な支配者と認定された対象者、登記必要の対象は(会社に対して重大支配権を持っている個人)及び法人団体(例:登記必要の法人団体は会社の重大支配権を持っている株主)。以下の一つ或いは一つ以上の条件に合う場合は会社の重大支配権になる:

  • 直接或いは間接的に該当する法人の発行済株式を25%以上保有(該当する法人が株式がない場合は、直接或いは間接に該当する法人の25%以上の資本或いは25%以上の利益を受ける)
  • 直接或いは間接的に該当する法人の議決権を25%以上持つこと
  • 直接或いは間接的に該当する法人の役員の過半数を委任或いは解任する権利を有する
  • 該当する法人に対して、重大な影響力及び支配力を発揮する或いは権利を有する人
  • 法人格を有さない信託や事務所の活動(しかしながら上記1-4の何れかを満たす)に対して重大な影響或いはコントロール権を有する者

該当する法人は会社の成員登記簿、組織定款、株主協議或いは他の関係協議、及び関係の人から発行されたお知らせ等の措置で重要な支配者を確定する。該当する法人が重要な支配者がいない場合は、重要な支配者登記簿に明記します。

重要な支配者登記簿に重要な支配者の詳細情報及び会社指定代表(該当する法人は1名の代表者を指定する必要です、その代表者は香港に住んでいる当該法人の株主、役員或いは職員、或いは専門の会計士、弁講師、信託或いは会社サービス資格を持つ人)の連絡資料。登記の詳細は以下の通りです:

  • 登記者:名前、住所、パスポート番号と発行する国、重要な支配者になった日程、重要支配の詳細状況
  • 登記の法人:名前、性質、登録番号、法人団体の設立国及び登録事務所住所、重要な支配者になった日程、重要支配の詳細状況
  • 指定代表:名前、連絡資料

登記簿は法人の登記住所に於いて保管します、或いは香港の他の場所に保管します。法人の登記住所に於いて保管しない場合は、登記簿が対象場所に保管した後或保管する場所に変更した15日以内に、会社登録処へ指定表を提出必要です。

下記機構の人は登記簿を調べられる:

  • 会社登録処
  • 香港税関
  • 香港金融管理局
  • 香港警務所
  • 入国事務所
  • 税務局
  • 保険業管理局
  • 廉潔政治公署
  • 証券及びオプション取引事務管理局

該当する法人は規定通り登記していないと、刑事犯罪になります、該当法人及び責任者は各最高25,000HKDと毎日700HKDの滞納金が発生します、誰でも実際情報が了解しているのに誤導性や欺瞞性または虚偽の陳述をすると、10-30万HKDの滞納金及び6月から2年の監禁が発生する、香港に法人を持っているもしくは法人を設立したい投資者はリスクを防止する為に早めに登記した方がいいです。重要な支配者登記について、詳しく了解したい場合は、弊社の専門コンサルタントまでご連絡してください。無料でコンサルティングできます、よろしくお願い致します。

今すぐ

諮問
電話
メール
Loadding... loading
Loadding... loading