分かち

2021-22年度香港の財政予算案を発表

2021年2月24日、香港の陳茂波財政官は2021-22年度の財政予算案を発表した、新しい予算案は「景気の回復、市民の困難を解決」を中心する。1,200億香港ドルを超える逆周期措置を通じて、経済の下降と疫病の影響での圧力を緩和する。将来の大きな発展方向と新しいトレンドをつかむことで、香港の産業発展をより豊かで多元的でインタラクティブなものにする。

以下には、香港政府が発表した主要な経済政策を列挙します:

2021-22年度香港の財政予算案を発表
2021-22年度香港の財政予算案を発表

また、疫病流行後の経済回復は、現在政府の最も切実な仕事である。政府は電子消費券の発行、国内外へ香港を普及などを通じて消費市場の回復を促進し、広東、香港、マカオの大湾区、一帯一路を経済発展の方向と位置づけている。

また、革新的な科学技術を利用してグリーンで持続可能な金融サービスを強化し、医療システムを強化し、再工業化、文化創意産業、インフラ投資と建設業などの分野で多角化を推進し、住みやすいグリーン都市を創造することを奨励する。また、政府は収入を増やすため、株式の印紙税を現行の買い手がそれぞれ0.1%ずつ支払うから0.13%に引き上げる。関連措置は立法会の審議を経て正式に実施される。

今すぐ

Loadding...loading