分かち

2020/21年度香港の財政予算案を発表

2020/21年度香港の財政予算案を発表

2020年2月26日、香港の陳茂波財政官は2020/21年度の財政予算案を発表した、新しい予算案は「企業を支え、雇用を保障し、景気の回復、市民の困難を解決」を中心して、市民への現金支給、利民及び企業への支援の措置を提出した。

措置の内容は:

企業を支え、雇用を保障する
  • 2019/20の利得税を100%減免、HKD20,000を限度とする。
  • 2020/21の商業登記書のHKD2,000を免除する。
  • 2年の法人の周年申告登記費のHKD105を免除する(期限切れを除く)
  • 「中小企業融資保証計画」の下で、200万香港ドルを上限とした政府による100%保証の低利ローンを盛り込まれた、6ヶ月の申請期、3年までに返金すればよいです。
  • 2020/21年度非住宅不動産税を免除する、初回の2シーズンは1世帯あたりHKD5,000を限度とする、その後の2シーズンは1世帯あたりHKD1,500を限度とする
  • 住宅の電気、水道、汚濁費を補助するまたは免除する
  • 回収企業6ヶ月の家賃を補助する、政府の不動産及び土地/短期契約書の税金は6ヶ月を50%免除する、 康文署娯楽センター施設基本場のレンタル、クルーズラインの費用/クルーズターミナルのお店の家賃を6ヶ月免除する。
景気の回復、市民の困難を解決
  • 18歳以上の各永住者への1万香港ドルを支給する
  • 2019/20の給与税を100%減免、個人収入課税の免除はHKD20,000を限度とする
  • 2020/21年度の住宅不動産税を免除する、1世帯あたりHKD1,500を限度とする
  • 収入が少ないテナントへ1ヶ月の家賃を代行払う
  • 1ヶ月以上の総合社会保障支援基準金額、高齢手当、年長者生活手当若しくは障害手当を支給する
  • 2021年の香港中学受験者の受験料を代行払う

その他、新型コロナウイルスを抑え、経済の安定化は政府の最も緊急な仕事であり医療設備と医療スタッフの増加、漢方医療の発展と心理健康サービスの提供等の医療システムを強化する。

また革新的な科学技術を利用して金融、旅行、貿易等の多元化の発展を励ます。住みやすい、知恵的の都市を作ります。

関係の措置は立法会が審査通過後正式に実施する:

累進税率
税段(HKD) 稅率
初50,000 2%
二つ目50,000 6%
またの50,000 10%
またの50,000 14%
余り 17%
標準税率
15%
給与所得税の計算基礎から控除できる項目 HKD
基本免税額
单身或其他 132,000
既婚者免税額 264,000
子供免税額:一人目から九人目の子供(一人で計算)
生まれ年度 240,000
他の年度 120,000
両親 / 祖父母を扶養する免税額 (年齢 60 歳以上)
納税者と同居しない 50,000
通年納税者と同居する 100,000
両親 / 祖父母を扶養する免税額 (年齢 55 歳から 59 歳まで)
納税者と同居しない 25,000
通年納税者と同居する 50,000
兄弟/姉妹を扶養する免税額 37,500
片親免税額 132,000
障碍者被扶養人免税額 75,000
納税障害者の免除税額 75,000
給与所得税の計算基礎から控除できる最高金額 HKD
慈善寄付 税金収入の 35%
個人研修支出 100,000
住宅ローン利息 100,000
高齢者住宅介護費 100,000
強制性公共積立金 18,000
資格にあう、自主的の保険計画製品 被保険者8,000/名
有限会社(法人税)
初回200万HKDの利益 8.25%
後の利益 16.5%
独資或いは合同企業
初回200万HKDの利益 7.5%
後の利益 15%
固定資産税
15%

今すぐ

Loadding...loading